研修・セミナー

研修メニュー

研修・セミナー

企業不祥事やハラスメント問題などを防止するためには、社員のコンプライアンス意識を高めていくことが重要であり、企業における社員教育の重要性が高まっています。

弊所では、そのようなニーズに対応すべく、多忙な経営者に代わり、顧問先企業様へ弁護士が出張及びオンライン等を利用して、研修会、勉強会、セミナーなどを実施するサービスをご提供しております。

企業内研修をするメリット

企業理念の浸透

いくら経営者が立派な理念を持っていても、それが社員に行きわたっていなければ会社としては意味がありません。

社内研修をすることで、「企業理念」を浸透させ人材の定着化を図りましょう。

コンプライアンス体制の徹底

通常の社内研修と比べると、社員にとって、日ごろ関わるこっとが多いとは言えない法律専門家である弁護士が研修を行いますので、社員のコンプライアンス意識を高めることが期待できます。

適切なコンプライアンス体制が整っていることは、取引先が取引を行う企業を選定する際の重要な判断基準となり、企業活動を行う上でも重要な要素の一つとなっています。

トラブル予防による管理コストの削減

トラブルが1度発生すると、その解決のために賠償金の支払いや弁護士費用等のコストが発生します。
トラブルが起きないことにこしたことはありません。

社員研修を実施することでトラブルを未然に予防し、コストの削減にも役立ちます。

弁護士に相談をすることができる

弁護士に社内研修を依頼するメリットとしては、専門的な知識を得ることが出来るという点が大きくあります。

企業が取り巻く環境は変化し続けており、それに伴って、労働法令をはじめとして様々な法律や制度が改正されています。

こうした改正に、適切に対応していくためには、企業の内部のみで研修を行うだけでは不十分です。

また、弁護士は日々のトラブルを解決する専門家です。
訴訟や交渉などの紛争解決の状況を知っているからこそ、専門家の視点を社員に伝えることで意識やスキルの向上を図ることが可能です。

研修メニュー例

価格は、スポット研修220,000円~(税込)、シリーズ研修330,000円~(税込) テーマ、費用共にご要望に応じてお見積りをさせていただきますので、ご相談下さい。

なお、顧問契約をして頂く場合、20~50%割引にて提供させていただきます。

相談類型 コンプライアンス 契約書 労働問題
テーマ コンプライアンス体制の構築 契約書について 問題社員対応について
対象 役員・管理職 役員・管理職・担当者 役員・管理職
相談類型 情報管理 ハラスメント 著作権
テーマ 個人情報の取扱の注意点 パワーハラスメントを防止するための取組み 著作権侵害についての注意点
対象 全社員 全社員 全社員

セミナー

私たち弁護士法人いかり法律事務所は、企業の成長を支えることでより多くの人を幸せにできると考えて、 これまで中小企業を支えるために弁護士としての活動を中心としてきました。

その一環として顧問先企業様を中心に日常的な法律相談対応などをさせて頂いてきました。
これからはより積極的にセミナーなどを行うことで潜在的な法的リスクに気付いていただき、いち早くそれに対応できる体制を顧問先企業様との間で構築していきたいと考えています。

そして、法務体制を強化し、顧問先企業様の成長に貢献させていただきたいと考えています。
顧問先様以外からのセミナーご依頼も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

以下は、弊所が開催してきた研修及びセミナーでございます。